Toshi’s Enjoy Life

書きたいことを書く雑記ブログ!

ネットショップ検定1に合格する!試験対策の記録(Part2)

f:id:tosikun0119:20170617144002j:plain

 

みなさんこんにちは!

 

梅雨に突入している地域もあり、なにかとジメジメして気持ち悪い時期になりましたね(^◇^;)

私の住んでいる地域では、まだ梅雨に突入していませんが、どんよりとした日が多くなってきました。(気分もどんより|||)

早く梅雨明けしてほしいものです!

 

さて、今回も「ネットショップ検定レベル1」についてお話していこうと思います。

これから「ネットショップ実務士」を目指している方の参考になれば幸いです(。-`ω-)

 

ではいってみましょう!

 

 目次

 

前回の振り返り

前回の記事では、いくつかのことを書いてきました。

 

  • インターネットの今
  • スマホのサービスや広告の拡大
  • 小売業

 

むむ・・・こうやって見るとなんか難しそうな内容っぽい・・・

 

でも大丈夫です!

書いている本人がよくわかってないのでそんなに難しくないはず(`・∀・´)エッヘン!!

 

・・・それで大丈夫か?

 

大事そうなところだけをピックアップしているので、堅苦しい文章になっていないと思います!

 

www.toshi-enjoy.com

 

電子商取引って?

f:id:tosikun0119:20170617144006j:plain

 

それでは今回の記事の本題です(。-∀-)

 

あまり聞きなれない「電子商取引」ですが、そんなに難しい言葉ではありません。

深く突っ込まなければ、すっと頭の中に入ってきますよー!

 

ということで、「電子商取引」というものを軽く説明してみます。

 

電子商取引とは

  • 商取引
    一般的なお買い物。「物品・サービス・情報・金銭の交換」のこと。

  • 電子商取引
    商取引を「インターネット」などで行うこと。

 

つまり、お店に行って買い物をしないで、ネットで買い物をすることを指します!

 

みなさんが、Yahoo!ショッピング、楽天ショッピング、セブンネットショッピングなどのサービスで、買い物することが「電子商取引」にあたります(`・ω・´)ゞ

 

電子商取引をもうちょっと深く!

なんとなく「電子商取引」とはなにかをイメージすることができたと思います。

・・・

・・・・・・(うん、大丈夫そうだ)

 

それでは、勢いに任せてもうちょっと話を広げちゃいます!

 

電子商取引に大きく分けて、「広義の電子商取引」と「狭義の電子商取引」の二つの種類があります。

 

・・・(゜-゜)ほえ?

ってなりますよね。今書いている本人ですらこの状態ですから(笑)

なので、私自身でもわかるように整理してみます!

 

  • 広義の電子商取引
    個人・家庭・会社などに関係なく、ネット上で行われる全ての取引。
    受発注はネットで行われるが、決済や配送はネットでなくていい。

  • 狭義の電子商取引
    TCP/IPを利用した回線で受発注を行う取引。
    TCP/IP:パソコンを使用し、httpやSSLなどの通信技術のこと。

 

これを図で表してみると、こんな感じになります!

 

f:id:tosikun0119:20170617130015p:plain

 

広義は、「個人・会社・政府」に関係なく全てのネットで取引することを表します。

 

これはなんとなくわかると思いますが、問題なのが「狭義」ですね(^◇^;)

「TCP/IP」という難しい言葉が出てきたのが原因だと思います。

 

一言で説明しちゃうと

 

パソコンを使ってネットをしていれば「TCP/IP」です。ドーン!

 

つまり、自宅でパソコンを使って買い物をすれば「狭義の電子商取引」と思ってもらっていいと思います。|ω・)コッソリ

 

こちらが参考にさせていただいたサイトです。

TCP/IPプロトコルとは パソコン初心者講座

 

電子商取引の種類

ふぅ・・・疲れてきましたね、、〇凹...ぱたっ

もうすこしで「電子商取引」について終わるのでもうひとふんばりです!

 

ここでは電子商取引の種類を書いていきますね٩( ''ω'' )و

「B to B」、「B to C」、「C to C」の3種類があるのですが・・・

 

意味不明!!ですよねぇ

 

ということで、この暗号みたいな3種類を見ていきましょう!

 

  • B to B(Business to Business
    直訳は「会社から会社へ」という意味。
    企業間で行われる事業目的の取引のこと。
    (例)飲食店がメーカーから冷蔵庫を買う。

  • B to C(Business to Consumer)
    直訳は「会社から消費者へ」という意味。
    企業と消費者の間で行われる取引のこと。ネットショップ。
    (例)個人が、Amazonから商品を買う。

  • C to C(Consumer to Consumer)
    直訳は「消費者から消費者へ」という意味。
    消費者同士が行う取引のこと。
    (例)オークション・メルカリ・ZOZOフリマなどを利用。

ざっくりですが、3種類をまとめてみました!

けっこう曖昧な表現があって、意外と区別が難しいところであります。

 

実際の試験では、

 

「飲食店で働く個人が、足りなくなった食材を自分のクレジットカードで買った」

これは3つのうちどれか?

 

このように聞かれたら、答えられるようにしておかないとダメです。

 

ちなみに、みなさんは3種類のなかのどれが正解だと思いますか?

正解は、この記事の一番最後に書いておきますね(`・ω・´)ゞ

 

 まとめ

f:id:tosikun0119:20170617143952j:plain

 

普段の生活では「電子商取引」という言葉は必要ありません。

つまらない内容ですし、覚えていて得するということも少ないです(^◇^;)

 

ですが、「ヤフーや楽天でネットショップのお店を開きたい! 」と考えている方には覚えていて損はない内容です!

実際にB to C」の市場規模は年々増えていますし、この先も増えていくことが予想されます。

 

それでは「電子商取引」についてまとめますー!

 

  • ネットで買い物をすることを電子商取引。
  • 電子商取引の分類は大きく分けて2つある。
  • 電子商取引の種類は3種類ある。

 

もしネットショップの仕事に就くことを考えている方には、ぜひ知っていただきたい内容です!

私自身のメモとして書きましたが、参考になる方がいれば嬉しいです(੭ु>ω<)੭ु⁾⁾

 

それでは今回はこの辺で☆

 

ーーーーーー問題の答えーーーーーー

 

正解は「B to B」

B to C」を思い浮かべたかもしれません。

個人という言葉が「消費者」を思わせますが、飲食店の事業目的の購入なので「B to B」です。

考えて下さった方ありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

広告を非表示にする